青汁特有の味が苦手の人でも飲める原料

青汁特有の味が苦手の人でも飲める原料

青汁は絶対に飲めない、野菜ジュースでさえ苦手という人でも飲める原料を紹介します。明日葉や桑の葉を使ったものはお茶感覚で飲め、野菜の苦味・えぐみ・青臭さがほとんどないという評判を得ています。この原料を使った青汁なら野菜が苦手な人、小さな子供でも飲める可能性は十分あります。
明日葉は地域によってはてんぷらの材料として食べられている食品で、ほとんど青臭さが無いのが特徴的です。カリウムが多く女性のむくみ対策として明日葉茶が出回っていることもあります。青汁の原料として飲んでもむくみ対策となりますから、女性におススメの青汁といえます。
桑の葉は蚕のえさとなる植物であまり馴染みはありませんが、昔からお茶として利用されてきました。お茶感覚で飲みやすいため青汁が苦手な方に特におすすめします。
どちらも緑茶のような味を持っており、青汁にこれらの原料が使われていれば冷たいお茶感覚やホットでも飲めます。それに原料が持っている特有の栄養素もあるため、ケールや大麦若葉にはない栄養補給としても良いでしょう。青汁の商品の中には幾つか原料を組み合わせて、飲みやすさや栄養を補助する意味でブレンドした商品も見られています。