本格派の青汁を選びたい方の原料

本格派の青汁を選びたい方の原料

青汁の本格派を選びたい方には、やっぱりケールが一番です。苦味や青臭さ、えぐみがあるため万人向けにはなりませんが、野菜の持つ素朴な味が苦手では無いなら飲める可能性が高いでしょう。最近のケールを原料にした青汁は飲みやすい工夫がされており、続けやすい味となっています。ケールを使っても独自の製法で青臭さを取り除いたり、はちみつや抹茶を加えて飲みやすさをアップした商品も見られています。青汁はやっぱり野菜本来の味がないと効いている感じがしないという方は、是非ケールを原料にした商品を選んでみましょう。
おすすめなのがはちみつを加えたケールを原料とした青汁。ケール100%だと子供は絶対に飲めないともいわれる中、はちみつを加えるだけで飲める子供が出てきます。次に飲みやすいのが抹茶や煎茶などお茶を加えて飲みやすくした商品です。多少青臭さは残ってもお茶感覚で飲める青汁に仕上がっています。また、レモンを入れた青汁などもあり、ケールが良い方は100%のものを選ぶのではなく、他の原料も加えて味を工夫している商品が良いでしょう。
ケールを試してみたがやっぱり飲みにくくてダメだったという方は、野菜ジュースなどで割ったり、牛乳や豆乳を加え味を変えてから消費することをおすすめします。